発毛にはなぜ時間がかかるのか?

xxxx男性型脱毛症AGAの治療に効果を発揮するプロペシアですが、発毛するまでに時間がかかることが知られています。
効果が現れるまで、早くても3か月は待たなければならないのですから、せっかちな方なら待ちきれないという方もいるでしょう。
では、なぜこんなにも効果を実感できるまでに時間がかかるのでしょうか。
それは、私たちのヘアサイクルが関係しているのです。

普通、私たちのヘアサイクルは、成長期があり退行期になり、そして休止期があります。
平均して成長期が2年から6年、そして退行期が2週間、さらに休止期は3か月ほどです。
このヘアサイクルが、かなり短くなってしまうのが男性型脱毛症AGAの特徴です。
これほど長いヘアサイクルがあるため、効果が実感できるまでの期間が長くなってしまうのはしょうがないことでしょう。
早くても3か月、標準して6か月は効果を実感するまでかかるのは普通のことなのです。

自分たちの髪は、こんなにも長いヘアサイクルで生え変わっているのですから、1か月や2か月服用を続けたくらいで効果が出ないと焦るのは早すぎます。
できれば6か月は続けてみましょう。
長く服用すればするほど効果を実感することができるのですから、できれば1年間使用を続けてみることをおすすめします。
臨床試験では、1年間続けた方より、3年間続けた方のほうが確実に増毛できています。
それを考えれば、1か月や2か月でその効果を判断してしまうのは早計でしょう。
ただ、プロペシアが効かない方もいます。

それは、プロペシアが男性型脱毛症AGAの治療薬だからです。

もし、男性型脱毛症のAGAではないのに服用したとしても、思ったような発毛効果を実感することはできません。
円形脱毛症や粃糠性脱毛症など、男性型脱毛症AGAではない脱毛症では残念ながら効果はありません。
もし、自分で判断してプロペシアを服用していて、いくら服用しても効果がなかったとしたら、他の脱毛症なのではないかと疑ってみてください。
また、遺伝子的に効かない方もいます。

逆なのではないかと思われるかもしれませんが、遺伝子的にハゲにくい方は効きにくいのです。
そこで、育毛クリニックなどでは、治療を始める前に、遺伝子検査と血液検査を行います。

無駄な治療をしないためにはこの2つの検査が必要なわけです。
もし、遺伝子的にハゲにくい人で、育毛剤が効きにくい人だという結果になっても嘆くことはありません。
薄毛の進行を止めることはできますから、プロペシアで薄毛の進行を止めているうちに、他の育毛剤で発毛を促してやればいいのです。
遺伝子的にハゲにくい方の場合、ミノキシジルを一緒に処方されることが多いのはそのためなのです。

ミノキシジルの効果は、日本皮膚学会で推奨Aにランク付けされるほど強いものなので悲観することはありません。
どちらにしても、育毛をしたいとお考えなら、自分の脱毛症がどのような脱毛症なのか、そして自分はどのタイプなのかを先に調べてもらうことが先決です。

個人輸入を行う前にお近くのクリニックに行ってください。
個人的には個人輸入ではなく浜松第一クリニックがお勧めです。