クリニックと個人輸入代行店についての調査結果(Fさんの体験談)

プロペシアを手に入れる方法には現在2つあります。
それは、育毛外来などを行っているクリニックで処方してもらう方法と、個人輸入などで自分で手に入れる方法です。
現在、世界中で流通しているプロペシアには5種類ありますが、有効成分はフィナステリドという成分です。
0.2mgと1mgの錠剤があり、シートタイプとボトルタイプがあります。

日本のクリニックで処方されるタイプは、ほとんどの場合1mgのシートタイプです。
いろいろ理由はあると思いますが、1mgのほうが効果を実感しやすいことと、シートタイプのほうが扱いやすいことからなのではないでしょうか。
クリニックで処方してもらうと、もろもろの諸費用込みで相場は月3万円以上となっています。
一番安く診てもらえると評判のクリニックでも、月18000円ほどかかってしまいます。

では、もう一方のオオサカ堂はどうかといえば、同じ1mgの錠剤でシートタイプのものを購入したとしても月1万円程度といったところです。
費用面で比べたなら、断然クリニックのほうが良いではないかと思われるでしょう。
では、クリニックと個人輸入では何がいったい違うのでしょう。

違うとしたら、血液検査や遺伝子検査を行ってもらってから治療を受けられる安心感があることと、疑問に思ったことは医師に相談することができアドバイスがもらえるということです。
費用の差は、医師への相談料といったところでしょうか。
しかし、血液検査や遺伝子検査であれば1度受ければ十分です。

医師のアドバイスは貴重ですが、最近はネットを探せば必要な情報を得ることができます。

最初は不安かもしれませんが、3か月も服用すれば要領はわかってくるのではないでしょうか。
そう考えると、最初はクリニックで診察を受け、それから後はオオサカ堂などの個人輸入で購入したほうが効率的です。

これなら、安心して薄毛治療を開始することができますし、その後はリーズナブルに治療を継続することができます。
クリニックと個人輸入とではかなりの金額の開きがあります。

長期間継続しなければならない薄毛治療ということもあり、患者は自分がもっとも続けやすい方法を自分で探さなければなりません。
クリニックで診察を受け治療を受けたほうが安心して続けられるという方はクリニックに通い続ければいいですし、クリニックでの費用を支払い続けるのはきつくて続けられないというのであればオオサカ堂を利用すればいいのです。

それぞれのメリットとデメリットをよく考えて、どちらを利用するのが自分のためになるのか選択しましょう。
どちらか一方だけを選択する必要はありません。
臨機応変に変えていけばいいのです。

要は、自分がどのようにすれば気が楽か、薄毛治療を続けることができるかということを考えればいいだけです。
それぞれの方によって考え方が違うのは当然ですから、10人いれば10通りの考え方があるのが普通でしょう。
周りの真似をする必要もないですし、無理する必要もありません。

2016年6月11日 クリニックと個人輸入代行店についての調査結果(Fさんの体験談) はコメントを受け付けていません。 レビュー(50歳以下)