クリニックでプロペシアを処方してもらいましょう

今回は埼玉県の畑岡さんに貴重なご意見をいただきましたので、ご紹介しておきます。

頭髪が薄毛になる原因は色々と考えられますが、その一つにストレスによって脱毛を引き起こす円形脱毛症があります。
円形脱毛症は頭髪が円形のように薄毛になる症状であり、ドラッグストアなどで販売されている育毛剤を使用しても治ることはありません。
また、抗がん剤によって引き起こす薄毛に育毛剤を使っても薄毛が治ることはありません。
さて、プロペシアという医薬品をご存知でしょうか。

初心者の方に説明します

この医薬品は男性型脱毛症に効果的な薬であり、非常に定評のある薬として認知度が高い医薬品です。
男性型脱毛症によって薄毛になってしまった方がプロペシアを服用すれば、目に見えるような効果を発揮してくれるでしょう。
ただ、このプロペシアは医薬品なので、使用上の注意を理解してから飲む事が大切です。
この医薬品は成人の方に限定された医薬品なので、20歳未満の方が服用するのは禁止されています。

そして女性でも薄毛に悩まされている方が少なからず居ると思いますが、女性も未成年同様に服用してはいけないのです。
基本的に男性型脱毛症は男性ホルモンによって脱毛を引き起こすわけですから、成人男性のための医薬品です。
これは日本皮膚科学会にあるガイドラインにも載っており、女性は医薬品に触れたり服用することも禁止されています。

女性の薄毛だと一般的にFAGAが原因とされており、このFAGAには別の治療方法を使って発毛を促すことが大切です。
今でもFAGAの治療方法について研究されているので、女性の方は治療の研究結果を気長に待つようにしてください。

そして男性型脱毛症である人がプロペシアを最低でも3ヶ月飲めば発毛を実感することが出来ますが、半年以上継続して飲んでも髪の毛が生えたと感じなければそれ以上の効果を望むことは出来ないでしょう。
男性型脱毛症の医薬品を使って発毛を実感したいのなら、毎日欠かさず薬を飲む事も大切です。
また医薬品を飲み続けるとたまには薬を飲み忘れてしまうこともありますが、そんな時はまとめて薬を飲むと強い副作用が出る可能性が考えられるので、薬はまとめて飲まないようにしてください。
もし医薬品を飲むのを忘れたのであれば、次の日に薬を飲むようにしましょう。

毎日医薬品を服用するのは面倒だと感じますが、薄毛を解決するのなら毎日薬を飲むことが大事であり、服用するのが面倒だという理由で飲むのを辞めてしまったら頭髪は薄毛の状態に戻ってしまうので気をつけてください。

そして医薬品はAGA治療だけでなく前立腺肥大症の治療にも効果的だとされていますが、もし薄毛治療とは別に前立腺肥大症の治療をするのなら医師に医薬品を飲んでいることを伝えるようにしましょう。
実際に前立腺肥大症の治療をする際は事前に検査を受けることになりますが、もしAGA治療薬を飲んでいるとPSA濃度を低くさせてしまうことがあるからです。
そしてプロペシアを飲んでいるときは献血が禁止されているので献血はしないようにしてください。

献血というものは女性にも輸血することが考えられ、医薬品を飲んだ状態の血液を女性に輸血すれば女性の身体に異変が出る事が考えられます。
このようにしっかりと注意点を理解してから医薬品を飲むようにしましょう。

詳しくは医師にご相談ください。

2016年5月5日 クリニックでプロペシアを処方してもらいましょう はコメントを受け付けていません。 レビュー(35歳以下)