私が発見した個人輸入代行店正しく利用する方法を教えます。

男性型脱毛症で髪が抜けやすい場所といえば、頭頂部と生え際でしょう。
頭頂部から薄毛が始まるのか、生え際の剃り込みがどんどん食い込んでハゲるのか、それともその両方が進行するかの違いはありますが、男性型脱毛症で髪が抜けやすいのは頭頂部と生え際です。
ところが、頭頂部がツルツルになっているのに、側頭部と後頭部は残っているということがあります。
また、他はツルツルなのに、1本だけ髪が抜け残っているということもあります。

どうしてこんなことが起こるのでしょう。
それは、アンドロゲンレセプターというものが関係しているそうです。
男性型脱毛症の場合、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化することによって薄毛が進行します。

毛根にあるアンドロゲンレセプターが、このジヒドロテストステロンと結合することによって薄毛が進行するのですが、もともと毛根にアンドロゲンレセプターがないとこの結合が起こりません。
そして、側頭部と後頭部の髪には、このアンドロゲンレセプターがないことが多いというではありませんか。
そうすると、他が抜けても抜け残っている毛にはアンドロゲンレセプターがないのではないかということが考えられません。
そう考えると、どこからハゲ始めるかによって、自分が男性型脱毛症かどうかがわかるのではないでしょうか。

頭頂部や生え際がどうも薄くなってきた剃り上がってきたと気がついたなら、早めにプロペシアを服用することをおすすめします。
もちろん、その場合は、クリニックなどで診察してもらい、男性型脱毛症AGAであるかどうかを診察してもらいましょう。

脱毛症にはいくつものタイプがありますが、プロペシアが効果を発揮するのは男性型脱毛症AGAです。
ですが、どこから薄毛が始まるかである程度判断が付くなら、自分で男性型脱毛症AGAなのではないかと覚悟することもできるでしょう。
現在、男性型脱毛症AGAに、もっとも効果がある育毛剤がプロペシアです。
ちなみに、オオサカ堂で検索すると分かるのですが、いろいろジェネリックが存在します。

男性型脱毛症AGAは、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の働きでジヒドロテストステロンになってしまうために起こります。
この還元酵素の働きを阻止すれば、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化することはありません。
プロペシアは男性ホルモンのテストステロンに似ているため、還元こそが男性ホルモンのテストステロンと間違えて取り込んでしまうため、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することを阻止することができるのです。

このような働きをするのは、現在のところフィナステリドという成分だけです。
このフィナステリドを配合している育毛剤がプロペシアになります。

プロペシアはオオサカ堂経由で個人輸入可能ですが、私はクリニック経由の処方箋での入手をおすすめします。

プロペシアはクリニック、そして、男性用サプリメントをオオサカ堂で入手するというのが私の経験に基づく最強のコンビネーションです。

自分の体の中に、テストステロンも還元酵素もあるわけですから、男性型脱毛症AGAになったなら、普通ならそれを止める手立てはありません。
ですが、フィナステリドを取り込むことによって、テストステロンと還元酵素が結合を邪魔することができるのです。
これほど効果のある育毛剤が他にないのはそのためです。

まとめ

  1. プロペシアはクリニックで処方してもらう
  2. シャンプーなどはオオサカ堂で個人輸入可能

私からの報告は以上です。

埼玉県の畑岡より管理人様へ

2016年5月8日 私が発見した個人輸入代行店正しく利用する方法を教えます。 はコメントを受け付けていません。 レビュー(50歳以上)