薄毛と筋トレの関係(ヘアサイクルについて)

都市伝説的な噂は数々ありますが、薄毛についての噂も数多くあります。
そのような噂の中に、筋トレをすると薄毛になるという噂がありますがこれは本当のことなのでしょうか。
さまざまな研究結果を総合すると、この筋トレをすると薄毛になるという噂は本当です。
なぜ筋肉と薄毛が関係あるのかと思われる方も多いでしょうが、どちらも男性ホルモンが関係しているという点では同じです。
筋トレをすると男性ホルモンが増加することがわかっています。

そして、薄毛の中でも男性型脱毛症AGAの場合、この男性ホルモンの影響で薄毛になるわけです。
つまり、もともと男性型脱毛症の症状のある男性が筋肉トレーニングをすると、それによりさらに男性ホルモンが増加し薄毛が進行してしまうのでしょう。
かなり三段論法的なこじつけのように思われるかもしれませんが、実際に男性型脱毛症の方が筋トレをすると薄毛がかなり進行してしまうということは、経験値的に実感されていることのようです。

もちろん、もともと男性型脱毛症の症状のない方、遺伝的に男性型脱毛症になりにくい方は、筋トレをしても頭髪に影響が出ることはありません。
それは、ジムのインストラクターやボディビルダーでもすべてがハゲているわけではないことを見てもわかります。
では、もともと男性型脱毛症の方が、筋トレをしたい場合はどうすればいいのでしょうか。

それは、筋トレをする前に、男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアを服用すればいいのです。
そうすれば、筋トレによって男性ホルモンが増加したとしても、プロペシアの有効成分であるフィナステリドの働きによって、毛髪に影響が出ることはありません。
男性型脱毛症の場合、5αリダクターゼ酵素が、男性ホルモンのテストステロンを悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンに変えてしまいます。
このジヒドロテストステロンは、毛根に入り込みヘアサイクルのスピードを早めてしまうのです。

ヘアサイクルが早くなった毛髪は、まだ成長期であるにもかかわらず早々に抜けてしまいます。
しかも、次の毛髪はまだ育っていないのですから、これではどんどん薄毛が進行してしまいます。

プロペシアを服用することによって、この5αリダクターゼ酵素の働きを邪魔することができるのです。
つまり、どんなに男性ホルモンが多くなったとしても、薄毛になるのではないかと怖がる必要はありません。
男性として、カッコよくなりたいという気持ちは誰にでもあると思います。

人気の細マッチョになって女性にモテたいという気持ちもあるでしょうし、サラサラのヘアになって女性にモテたいという気持ちもあるでしょう。
どちらか一方を諦める必要はないのです。
もちろん、プロペシアは医薬品ですから、気軽な気持ちで服用できるようなものではありませんが、医師の指導の下服用するのであれば安心でしょう。
人生を楽しむためには毛髪も筋肉も大切でしょう。
正しいケアをして、両方とも手に入れてください。

2016年5月19日 薄毛と筋トレの関係(ヘアサイクルについて) はコメントを受け付けていません。 レビュー(50歳以上)