クリニックで処方されるプロペシアは本当に効果があるのか?

samu17

すごい育毛剤だと言われているけれど、プロペシアには本当に効果があるのだろうか、そう疑問に思っている方も多いでしょう。
日本で正式に承認されている医薬品ですから、そのあたりは承認を受ける前にしっかりと臨床試験が行われています。
その臨床試験で行われたダブルブラインドテストでは、しっかりとその有効性が証明されいます。

ダブルブラインドテストとは、まったく効果のないプラセボを服用したグループと、プロペシア1mg錠剤を服用したグループとで、その効果の違いを比較するというテストです。
このテストによりますと、プラセボを服用したグループは、変わらなかった72%、進行した22%でした。
対して、1mg錠剤を服用したグループは、改善した58%、変わらなかった40%、進行した2%でした。

このダブルブラインドテストは1年間行われました。
この結果を見れば、発毛効果があることは一目瞭然です。
また、改善したという方は、2年目で68%、3年目で78%と確実に増えています。
このことから、薄毛を食い止める効果は98%という高率であること、長く続けるほど改善効果があることがわかります。
日本ではありませんが、アメリカではへアカウントというテストも行っています。

これは、1インチ四方の中にある毛髪を数えるという非常に原始的な方法です。
テスト方法はかなり原始的ですが、これによってかなり体感に近い効果を実証することができます。
このへアカウントでは、プラセボを服用したグループでは平均21本毛髪が減ったのに対して、1mg錠剤を服用していたグループでは平均86本増加するという結果になりました。
へアカウントという目に見えるテストでも、発毛の効果があるといことが証明されたのです。
1年間で86本の増毛は少ないのではないかと思われるかもしれません。

ですが、これが2年、3年となればさらに増えるわけですから、それほど少ない数字ではないのではないでしょうか。
やはりプロペシアには、思った以上に発毛の力があることがこれによってわかります。

それに、最高のタッグだと言われているミノキシジルを併用すれば、さらに増毛できることがわかっています。
プロペシアでは、進行を止めるだけで発毛できなかった方でも、ミノキシジルを併用することで発毛できたという方も数多くいます。
実際、育毛クリニックでは、ミノキシジルと一緒に処方されることも多く、この2つはゴールデンコンビといっても良いでしょう。

クリニックの先生と相談してこの2つをゲットしてください。
また、少しでも安く済ませたいという人はオオサカ堂で個人輸入するという事ついても相談するとよいでしょう。

発毛には時間がかかることはわかっているけれど、早く発毛させたいという方は、ミノキシジルを一緒に使用されることをおすすめします。
この2つによる育毛は、現在考えられる最高の育毛方法であることは間違いありません。
ただ、用法用量はきちんと守りましょう。

急いで発毛させたいのはわかりますが、多く摂取したとしても早く発毛するわけではなく、かえって弊害のほうが大きくなってしまうことが多いのです。

個人輸入代行店の育毛ジャンルの正しい利用方法

samu18

薄毛を治療しようとプロペシアを飲み始めたのに、なかなか効果が現れなくて痺れを切らしてしまいそうになっている方はいませんか。
男性型脱毛症の治療には忍耐力が必要で、最低でも6ヶ月は服用し続けることが大切です。
そもそも男性型脱毛症で薄毛になってしまうメカニズムは、5αリダクターゼという物質が男性ホルモンを抜け毛の原因物質に変えてしまうことで、毛乳頭の働きが途中で止まり髪の毛が成長する前に抜けてしまうことで引き起こされます。

この5αリダクターゼの量や能力は遺伝によって決まり、母方の祖父がハゲている人は将来ハゲるなどと聞いた事があるでしょう。
他にも様々な原因が複合的に重なって引き起こされるものなので、これだけが原因とは言い切れませんが、薄毛になってしまった男性のほとんどが男性型脱毛症によるものだと言われています。

プロペシアの主成分フィナステリドは、この5αリダクターゼの働きを抑えることができ、それによって髪の毛が正常に成長できるようにしてくれます。
ですが、フィナステリドの血中濃度を一定に保たなければ5αリダクターゼの働きを抑える事はできず、薄くなった髪が元に戻るまで長期間の服用が必要になってくるのです。
ですから、薬を飲んでいるのになかなか髪が生えてこないと思っても、半年は我慢して続けましょう。

後で詳しく説明しますが、クリニックでプロペシアを処方してもらい、オオサカ堂で育毛サプリメントを入手するという事をお勧めします。

効果が薄いからと1日1錠のところ2錠飲んだからといって、副作用のリスクが高まるだけで早く髪の毛が増えるわけではありません。
プロペシアにはあくまで抜け毛を予防する効果しかないので、育毛や発毛は本人の細胞の働きにかかっています。

AGA治療は細胞が活発に働いている若い頃から開始したほうがより早くより効果が現れやすい言われており、年を重ねるほど効果が現れにくくなっているのです。
もしも更なる効果が欲しいなら、2錠飲むのではなくミノキシジルなどの外用薬を利用しましょう。
ミノキシジルは頭皮に塗る育毛剤のような薬で、頭皮の血行を良くして毛乳頭を活性化してくれます。
プロペシアと併用すると相乗効果で発毛も期待できるとされ、AGA治療でもよく一緒に処方されているほどです。
ただし、どちらも高額な薬ですので、続けられないと思った時は個人輸入代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

個人輸入は手続きが面倒ですが、オオサカ堂を利用すれば小難しいことは何一つなく、通販サイトと同じ感覚で海外の医薬品を購入することが出来ます。
オオサカ堂は薬事法で認められており、高い治療費や必要な薬がまだ国内で認可されないと悩む人たちの駆け込み寺のような存在だと言えるかもしれません。

プロペシアだけでなく、そのジェネリックやミノキシジル製剤も安く購入できますし、まとめ買いすれば大幅な値引きがされるところもありますから、信頼できるお得な代行サービスを探してみて下さい。
購入する時は病院と違って自分で使用方法や注意事項を確認する必要がありますが、品質には問題ないので正しく使って自分で薄毛を克服していきましょう。

クリニックと個人輸入代行店についての調査結果(Fさんの体験談)

samu19

プロペシアを手に入れる方法には現在2つあります。
それは、育毛外来などを行っているクリニックで処方してもらう方法と、個人輸入などで自分で手に入れる方法です。
現在、世界中で流通しているプロペシアには5種類ありますが、有効成分はフィナステリドという成分です。
0.2mgと1mgの錠剤があり、シートタイプとボトルタイプがあります。

日本のクリニックで処方されるタイプは、ほとんどの場合1mgのシートタイプです。
いろいろ理由はあると思いますが、1mgのほうが効果を実感しやすいことと、シートタイプのほうが扱いやすいことからなのではないでしょうか。
クリニックで処方してもらうと、もろもろの諸費用込みで相場は月3万円以上となっています。
一番安く診てもらえると評判のクリニックでも、月18000円ほどかかってしまいます。

では、もう一方のオオサカ堂はどうかといえば、同じ1mgの錠剤でシートタイプのものを購入したとしても月1万円程度といったところです。
費用面で比べたなら、断然クリニックのほうが良いではないかと思われるでしょう。
では、クリニックと個人輸入では何がいったい違うのでしょう。

違うとしたら、血液検査や遺伝子検査を行ってもらってから治療を受けられる安心感があることと、疑問に思ったことは医師に相談することができアドバイスがもらえるということです。
費用の差は、医師への相談料といったところでしょうか。
しかし、血液検査や遺伝子検査であれば1度受ければ十分です。

医師のアドバイスは貴重ですが、最近はネットを探せば必要な情報を得ることができます。

最初は不安かもしれませんが、3か月も服用すれば要領はわかってくるのではないでしょうか。
そう考えると、最初はクリニックで診察を受け、それから後はオオサカ堂などの個人輸入で購入したほうが効率的です。

これなら、安心して薄毛治療を開始することができますし、その後はリーズナブルに治療を継続することができます。
クリニックと個人輸入とではかなりの金額の開きがあります。

長期間継続しなければならない薄毛治療ということもあり、患者は自分がもっとも続けやすい方法を自分で探さなければなりません。
クリニックで診察を受け治療を受けたほうが安心して続けられるという方はクリニックに通い続ければいいですし、クリニックでの費用を支払い続けるのはきつくて続けられないというのであればオオサカ堂を利用すればいいのです。

それぞれのメリットとデメリットをよく考えて、どちらを利用するのが自分のためになるのか選択しましょう。
どちらか一方だけを選択する必要はありません。
臨機応変に変えていけばいいのです。

要は、自分がどのようにすれば気が楽か、薄毛治療を続けることができるかということを考えればいいだけです。
それぞれの方によって考え方が違うのは当然ですから、10人いれば10通りの考え方があるのが普通でしょう。
周りの真似をする必要もないですし、無理する必要もありません。

シャンプー(個人輸入代行店で入手)でAGA対策はできるのか?

samu20

髪の毛の洗い方でも薄毛になってしまったり、薄毛を改善できることがあります。
これは皮脂やフケを上手に洗い流せていないと、毛穴が詰まって産毛が成長するのを妨げたり、雑菌が繁殖して頭皮が炎症を起こし抜け毛を増やしてしまうことがあるからです。
ですが、AGAは男性ホルモンと5αリダクターゼが結びついて抜け毛の原因物質になってしまうために引き起こされますから、男性型脱毛症の方がいくらシャンプーの仕方を工夫しても、育毛効果のあるシャンプーなどを利用しても、十分な結果は得られません。
シャンプーや洗い方を見直すことは大切ですが、同時にプロペシアなどでAGA治療を行いましょう。

プロペシアは5αリダクターゼの働きを抑える効果があり、それによって抜け毛の原因物質が作られにくくしてくれます。
そうすることで髪の毛は元通り成長することができ、成長不良で抜け落ちることがなくなります。
そうすることで初めて、シャンプーや洗い方の見直しが効果を発揮できるようになるのです。

オオサカ堂の育毛関連ジャンルではこういった商品がおいてますよ。

シャンプーは強力に皮脂を落とせば良いというものではなく、あまり洗浄力が強いと皮脂が足りないと勘違いしてさらに皮脂の分泌を促進してしまうことがあります。
男性型脱毛症になると皮脂が過剰分泌されてしまうことがありますが、ベトつくからと洗浄力の強いものを選ばず、アミノ酸系の優しい洗い心地のシャンプーを選ぶといいでしょう。
また、育毛シャンプーの中には、AGA治療に使うような薬効成分が入ったものもあるので、選ぶ時はそういう商品を探してみてもいいかと思います。

ただし、どんなに良いシャンプーでもゴシゴシと洗いすぎては頭皮の毛細血管を傷つけることがありますから、洗う時は優しく頭皮を揉み洗いすることが大切です。
しかし、こういったシャンプーは意外と高いもので、さらにAGA治療は自由診療になるため一月で1万円以上になる事も多く、経済的に厳しいという方も多いでしょう。
プロペシアのジェネリックはまだ国内では認可されておらず、治療費の節約を考えるならオオサカ堂を利用するという手もあります。

個人輸入なら海外ですでに認可され、広く利用されているジェネリックが購入できますし、心配なら純正のプロペシアも日本より安く購入できます。
安いからといって品質が悪いと考える方もいるかもしれませんが、しっかりメーカーの正規品を扱っているオオサカ堂を利用すれば、国内で処方できるものとまったく同じ効果が得られるはずです。

ジェネリックの場合でも、まだ国内で認可されていないとは言え主成分は同じですし、今はインターネットの時代ですから品質が悪ければすぐに悪評が流れてしまいます。
それらの商品を大々的に扱っている大手サイトの運営実績を見れば、多くの方に利用されて認められているかわかるでしょう。
大手サイトならばプロペシアなどのフィナステリド製剤だけでなく、ミノキシジル製剤や育毛シャンプーなども安く購入できますから、病院での治療が続けられないと思った時は、個人輸入で効率よく治療するのがおススメです。

 

P.S.

ゴールデンコンビと言われる入手方法はクリニックでプロペシアを処方してもらいサプリメントはオオサカ堂の入手です。
忘れないようにしてください。

育毛剤とプロペシアで迷ったら

samu21

抜け毛が気になってきた時、最初に検討するのが育毛剤かと思います。
近所のドラッグストアなどでも簡単に購入できますし、通販などでは評判のいい商品もありますから、あれだけ数多くの商品があればどれかひとつは自分に合ったものがあるのでは…と考えるのではないでしょうか。
ですが、育毛剤は頭皮環境を整えたり、髪によい成分が配合されているものがほとんどで、もしあなたの薄毛の原因が男性型脱毛症だった場合は十分な効果を発揮することが出来ません。

男性型脱毛症とはAGAとも呼ばれ、ある酵素が男性ホルモンを抜け毛の原因物質に変えてしまうことで進行していきます。
そのため、抜け毛の原因物質が作られ続ける限り、いくら頭皮環境を整えても髪に良い成分を与えても、毛髪の成長は妨げられて抜けていってしまうのです。
そのAGAの治療薬として有名なのがプロペシアで、長期間服用することでその酵素の働きを抑え、髪が通常通り成長できるように戻してくれる効果があります。
ですから、プロペシアが効果を発揮できるのは、その酵素が原因で起こる男性型脱毛症のみです。

つまり、育毛剤とプロペシアで迷った場合、まずは抜け毛の原因が何なのかはっきりさせる必要があります。

抜け毛の原因は数多くありますが、男性型脱毛症の場合は遺伝子を調べることで簡単に見極めることが出来るようになりました。

検査は育毛外来のある病院や、検査キットを購入することで出来ます。
どちらも口の中の粘膜を綿棒でぬぐって、その細胞の遺伝子を調べるだけなので、痛みや面倒なことはありません。

抜け毛の原因を特定しなければ適切な薄毛対策はとれず、遠回りして薄毛を進行させてしまうこともありますから、気になったらすぐに調べるようにしましょう。
原因がAGAではなかった場合、頭皮に炎症などの異常があるなら皮膚科へ、ないなら育毛剤の使用と生活習慣などの見直しをおススメします。

育毛剤にも種類があり、炎症を抑えるものや髪に栄養をあたえるもの、AGAの治療にも用いられるミノキシジルが入ったものなどがあり、とくに効果的なのがミノキシジル外用薬です。
これは頭皮の血管を拡張する効果や、活動が低下した毛乳頭を刺激して活性化させる働きがあります。

医薬品のため扱いには注意が必要ですが、育毛剤を使うならミノキシジルが入ったものが良いでしょう。
男性型脱毛症だった場合は、やはりプロペシアによる治療が最も効果的です。

もちろん、ミノキシジル製剤やほとんどの育毛剤が併用可能なので、どちらか一つを選ぶのではなく、どちらも利用するのがベストだと言えます。
そのぶん費用はかかってしまいますが効果は単独で使うよりも高くなりますし、オオサカ堂を利用することで治療費を節約する方法もありますのでご安心下さい。

個人輸入代行サービスは、誰でも手軽に海外の低価格・高品質な医薬品を購入できるよう手続きを代行してくれますから、このサービスを利用すればAGA治療も値段を気にせず治療に集中できるでしょう。

個人輸入代行店の育毛シャンプーについて

samu28

抜け毛にも季節性の抜け毛があり、秋になると20%ほど抜け毛の量が増えると言われています。
突然、いつもより抜け毛が増えてきたら不安になるかと思いますが、すぐに自己判断でプロペシアを使い始めると無駄な出費になってしまうかもしれません。
家族や祖父母が薄毛だったり、頭頂部や前頭部の生え際がとくに薄くなってきているなら男性型脱毛症の可能性もあるものの、分からない時は季節が変わるのを待って抜け毛の量が変わらないか確認するか、医療機関や検査キットを購入して原因を特定しましょう。

プロペシアは男性の薄毛の画期的な治療薬と言われていますが、どの薄毛にも効果を発揮するわけではなく、遺伝性である男性型脱毛症にしか効きません。
そうでない場合は、医薬品ということで少なからず肝臓に負担を賭けますし、副作用が現れるリスクはあっても薄毛が改善する事はありませんから無闇に使わないようにして下さい。
そして、男性型脱毛症による薄毛だとわかった時は、なるべく早くプロペシアなどのフィナステリド製剤による治療を行うのが得策です。
この症状は進行性で、治療を行わなければ抜け毛は増えるばかりですし、一度抜けて頭皮が硬くなってしまうと発毛の可能性が減ってしまいます。
毛根やそこに栄養を送る毛細血管がしっかり残っている状況で治療を開始すれば、より高い確率で髪の毛が生えてくるでしょう。

長期間の治療が必要だといわれている男性型脱毛所の治療ですが、早く治療を開始すれば進行した人よりも早く改善して治療費も抑えることが出来ます。
プロペシアは高価な医薬品で、自由診療になるので1ヶ月の治療費が1万円を超えてしまいます。

つまり、治療費を節約しようと自分でできる事をやって、それでもダメなら治療しようなんて悠長なことを言っていると、余計に費用がかかってしまうという事です。
ですが、それを知らずに進行させてしまった人でも、希望が無いわけではありません。

できるだけ安く済ませたい

5年以上の治療でかなり改善したという方もいますし、問題の治療費もオオサカ堂を利用すれば解決できます。

また、あまり注目されないのですが、オオサカ堂の本当にいいところはサプリメントが充実しているという点です。
薬だけではありません。
私はオオサカ堂で、育毛シャンプーや関連サプリを個人輸入してます。薬は基本的には行いません。

個人輸入では海外で販売されている医薬品を日本よりも安く購入することができますし、代行サイトが増えてきたことにより値下げ競争も行われて、病院でかかる治療費とは比べ物にならないほど安くなっているのです。

その上、通販と同じような感覚でいつでも簡単に購入できますし、出かけなくてもよくて誰にもAGA治療を行っているとは知られずに治療できることから、AGA治療を迷っている方にとっても、経済的な理由などから治療を諦めた方にとっても助けになることでしょう。

ただし、オオサカ堂で購入する時は、病院のように薬を使う時の注意点を医師から説明してもらうようなことはできません。
服用方法や量を間違えて健康被害を受けても自己責任となってしまいますから、購入前にきちんと注意事項などを確認しておきましょう。
個人輸入ではプロペシアのジェネリックや、他の薄毛対策製品なども数多く扱っていますから、それらをよく読んで自分に合った商品を組み合わせて使うことで、さらに効果的に薄毛を克服できるかと思います。

いずれにせよ、プロペシアの利用前に医師に相談しましょう。

思春期を過ぎた頃から発症するAGAにどう対抗するか

samu25

男性の薄毛の中には、男性型脱毛症という男性ホルモンが抜け毛の原因物質に変わってしまう事で発症する薄毛があることがわかってきています。
AGA治療やプロペシアなどの単語を聞けば、薄毛の男性はどんな薄毛でも治る魔法のような方法だと思っている方も少なくないのではないでしょうか。
ですが、プロペシアが効くのは男性型脱毛症だけで、その他の原因による薄毛には効果を得られません。

ですから薄毛を改善するにはまずそれを見極める必要があり、そのためにはまず男性型脱毛症の特徴を理解することが大切です。
その特徴とは、一つ目は発症する時期が挙げられます。

男性型脱毛症の人は5αリダクターゼという酵素の働きが活発で、男性ホルモンを抜け毛の原因物質に変えてしまいます。
そのため、男性ホルモンが多く分泌され始める思春期を過ぎた頃から発症し始めるケースが多いのです。
薄毛というと中年以降に多くなってくるというイメージが強いと思いますが、実際には若い頃から発症する素地は出来ており、そこに5αリダクターゼの働きの強さなどを決める遺伝的要因と、抜け毛を引き起こしやすい状況にあるかどうかなどが重なって発症してしまいます。

最近は若い方の生活習慣や食生活の乱れが目立ってきており、そのために以前より若い方の薄毛が増えてきているということでしょう。
この原因が重なって発症するというのも特徴の一つで、遺伝的要素以外の原因を取り除いていくことで薄毛の進行をある程度は抑えられる可能性もあります。
ただし、一度発症してしまったものを抑えるのは大変でして、生活習慣などを改善してもその効果が現れるまでには長い期間がかかり、その間にも5αリダクターゼが働いて薄毛が進行してしまうのです。

ですから、頭皮環境や生活習慣を改善してもなかなか症状が改善しない場合は男性型脱毛症を疑ってみるといいかもしれません。
私は、普段は生活習慣病対策のため、オオサカ堂で海外製のサプリメントなどを個人輸入しています。

また、他にも前頭部や頭頂部から薄くなるという特徴もありますが、一番確実に見極める方法はAGA専門病院で検査するか、AGA検査キットを使うのがいいでしょう。
病院なら二万円、検査キットなら12000円程度で検査でき、1ヶ月ほどで結果がわかります。

AGAの発症しやすさや、フィナステリド製剤の効きやすさなどもわかりますから、これからの治療方針を決めるのにも役立ちます。
病院で治療するつもりなら最初に検査を行ってくれますが、もし個人輸入でプロペシアなどのフィナステリド製剤を購入するつもりなら、検査キットで確認してから購入するようにして下さい。

男性型脱毛症だとわかり、プロペシアでの治療効果も期待できるとわかったら、なるべく早く治療を開始しましょう。
プロペシアの作用は抜け毛の原因物質の生成を抑えることにあり、新しい髪の毛を生やすことではありません。

そのため、新しく元気な毛が生えてくるかどうかは、毛母細胞が元気で若々しいかどうかにかかってきます。
ですから疑いがあるならなるべく早く検査し、早い段階で治療を開始することで、フサフサの髪の毛を取り戻せる可能性を高めることができるのです。

悩んでも仕方ありません、プロペシアがほしいならお近くの病院に相談して、処方してもらいましょう。

薄毛は遺伝だと諦めていた父が利用したのは個人輸入代行店でした。

samu22

xxxxxxxxx私は父の発毛体験を通じて、現代の医薬品の力の凄さを実感しました。
近年の医学の力を用いれば、薄毛を医薬品で治療することができるのですね。
私の父は長年薄毛に悩まされていたのですが、プロペシアという医薬品のおかげでその症状を完璧に改善することに成功しています。
父が薄毛を改善したのは2年前のことでした。
若いころからギターが趣味だった父の現在の職業は、楽器店の店長です。
そんな父は今でもバンド活動をしているので、私は大学の友達を連れて時々父のライブを観に行きます。

父のステージでの姿を見て友達は格好いいねと言ってくれるのですが、いつもその言葉の後に、髪の毛がフサフサならもっと格好良いのになと付け加えられてしまいます。
父はちょっと髪が薄いのですが、友達にはそれがマイナスポイントに見えているようです。
私が友人の感想を伝えると、父は薄毛は遺伝なんだからしょうがないよと言って笑っていました。
確かに祖父も薄毛だったので、遺伝が父の薄毛の要因になっているのかもしれません。

ですが、私がインターネットで調べたところによると、遺伝は薄毛の原因となるが、それだけでは薄毛にならないようです。
近年、多くの男性の薄毛についてAGAという名称が付けられているのですが、このAGAは男性ホルモンの影響によって髪の根元が弱くなることで発生するそうです。

全ての男性が薄毛になるわけではないという事実を考慮すると、男性ホルモンの影響を受けやすい体質を遺伝で引き継いでいる男性が、薄毛になりやすいことになります。
これを逆にいえば、そうした体質を持っていたとしても、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制できれば薄毛は改善できるはずです。

ここまで予想した上で、私はAGA治療薬であるプロペシアの存在を突き止めました。
果たしてその治療薬は、まさに薄毛の原因となる男性ホルモンの発生を阻害してAGAを改善する医薬品だったのです。
私は自分で研究した成果を父に伝えました。

すると意外なことに、父もAGA治療薬のことは知っていたようでした。
父がいうには、AGA治療薬は高額だから気軽に購入できないのだそうです。
そういって溜め息を漏らす父に対し、私は個人輸入代行業者ならAGA治療薬を安く買えるらしいと伝えました。
私はAGA治療薬のことを調べる内に、個人輸入代行業者を使えば病院よりも安くプロペシアを入手できることを突き止めていたのです。

私の言葉を聞いた父は、その場でインターネットを使ってオオサカ堂を調べました。
そして、オオサカ堂でプロペシアが5千円で販売されているのを見て、購入を決めたのです。
それ以来、父は1年半ほどAGA治療薬の服用を続けました。
そして、若いころのようにフサフサした髪の毛を取り戻すのに成功したのでした。

オオサカ堂でサプリメントを飲みながら、近くのクリニックでプロペシアを処方してもらっているようです。

髪を取り戻してからというもの、父は以前より明るくなったようです。
つい先日、私は久しぶりに友達を父のライブに連れて行ったのですが、髪の毛を取り戻した父を見て驚いていました。
父の髪を取り戻してくれたプロペシアには感謝しています。

発毛にはなぜ時間がかかるのか?

samu14

xxxx男性型脱毛症AGAの治療に効果を発揮するプロペシアですが、発毛するまでに時間がかかることが知られています。
効果が現れるまで、早くても3か月は待たなければならないのですから、せっかちな方なら待ちきれないという方もいるでしょう。
では、なぜこんなにも効果を実感できるまでに時間がかかるのでしょうか。
それは、私たちのヘアサイクルが関係しているのです。

普通、私たちのヘアサイクルは、成長期があり退行期になり、そして休止期があります。
平均して成長期が2年から6年、そして退行期が2週間、さらに休止期は3か月ほどです。
このヘアサイクルが、かなり短くなってしまうのが男性型脱毛症AGAの特徴です。
これほど長いヘアサイクルがあるため、効果が実感できるまでの期間が長くなってしまうのはしょうがないことでしょう。
早くても3か月、標準して6か月は効果を実感するまでかかるのは普通のことなのです。

自分たちの髪は、こんなにも長いヘアサイクルで生え変わっているのですから、1か月や2か月服用を続けたくらいで効果が出ないと焦るのは早すぎます。
できれば6か月は続けてみましょう。
長く服用すればするほど効果を実感することができるのですから、できれば1年間使用を続けてみることをおすすめします。
臨床試験では、1年間続けた方より、3年間続けた方のほうが確実に増毛できています。
それを考えれば、1か月や2か月でその効果を判断してしまうのは早計でしょう。
ただ、プロペシアが効かない方もいます。

それは、プロペシアが男性型脱毛症AGAの治療薬だからです。

もし、男性型脱毛症のAGAではないのに服用したとしても、思ったような発毛効果を実感することはできません。
円形脱毛症や粃糠性脱毛症など、男性型脱毛症AGAではない脱毛症では残念ながら効果はありません。
もし、自分で判断してプロペシアを服用していて、いくら服用しても効果がなかったとしたら、他の脱毛症なのではないかと疑ってみてください。
また、遺伝子的に効かない方もいます。

逆なのではないかと思われるかもしれませんが、遺伝子的にハゲにくい方は効きにくいのです。
そこで、育毛クリニックなどでは、治療を始める前に、遺伝子検査と血液検査を行います。

無駄な治療をしないためにはこの2つの検査が必要なわけです。
もし、遺伝子的にハゲにくい人で、育毛剤が効きにくい人だという結果になっても嘆くことはありません。
薄毛の進行を止めることはできますから、プロペシアで薄毛の進行を止めているうちに、他の育毛剤で発毛を促してやればいいのです。
遺伝子的にハゲにくい方の場合、ミノキシジルを一緒に処方されることが多いのはそのためなのです。

ミノキシジルの効果は、日本皮膚学会で推奨Aにランク付けされるほど強いものなので悲観することはありません。
どちらにしても、育毛をしたいとお考えなら、自分の脱毛症がどのような脱毛症なのか、そして自分はどのタイプなのかを先に調べてもらうことが先決です。

個人輸入を行う前にお近くのクリニックに行ってください。
個人的には個人輸入ではなく浜松第一クリニックがお勧めです。

プロペシアのメリットとデメリット

samu11

xxxxxxxどんな医薬品であったとしても、まったく副作用のない医薬品は存在しません。
効果のある医薬品であればあるほど、何らかの副作用はあるものです。
世界で最も効果があると言われているプロペシアも、まったく副作用がないというわけではありません。
もともと前立腺の治療薬であったため、前立腺への影響はありますが主に良い影響です。
また、男性機能への影響をいう方もいますが、それは1%未満にすぎません。

しかも、フラセボで実験したところ、ほぼ同じパーセンテージで影響を訴えた方がいました。
この結果を考えると、前立腺の薬だったから男性機能にも影響があるに違いない、男性機能は大丈夫なのかという不安からくるものではないかと言われています。
つまり、プロペシアの影響というより、不安に思った方の思い込みで起こってしまうことのようです。

男性はメンタルの影響を受けてしまうことが多く、噂話で小耳にはさんだことでも、そうなのかと思っているとそうなってしまうということなのではないでしょうか。
この点に関しては、あまり気にしないほうが良いでしょう。
ただ、気になるのは肝機能障害です。

ですが、これはどの医薬品であっても起こることなのです。
医薬品は肝臓で代謝されるため、もともと肝機能障害を持っている方は、医薬品を飲むことによってその障害が重くなってしまうことがあります。
これはプロペシアだからというのではなく、医薬品全般に言えることで、医薬品ではなくてもサプリメントでも同じことが起こることがあります。
そのため、特に副作用が多いというわけではありません。

このように見てくると、プロペシアがいかに副作用が少ない安全な医薬品であるかがわかります。
ただ、副作用とは違いますが、なかには初期脱毛という症状が起こる場合があります。

これは、本格的な発毛が起こる前に起こる症状なので心配はないのですが、1日に大量の抜け毛があるとやはり驚くでしょう。
個人差はありますが、服用から10日目から1か月目までに起こり、長い人では1か月間脱毛が続くということです。
せっかく発毛をしようとしたのに、抜け毛が格段に多くなっては驚くのも無理はありません。

クリニックで処方されたのであれば医師に相談することもできるでしょうが、もし自分の考えで服用を始めたのであれば、誰にも相談することができず驚き慌てるに違いありません。
これは、大変な副作用だと思われたとしても仕方ないでしょう。
それによって、服用を辞めてしまう方もいるかもしれません。

ある程度の割合で起こることなので、この症状のために危険な薬だと思われている方もなかにはいるでしょう。
そのようなことで思い違いをして、最高の育毛剤を使うチャンスを逃すのはもったいない話です。

もし個人輸入で手に入れるとしても、きちんとした情報を収集して、正しい知識を持った上で試すことをおすすめします。
安全な薬であるけれど、まったく副作用がないわけでもなく、初期脱毛もあるとわかっていれば不安になることもないでしょう。

今ではクリニックでプロペシアを処方してもらっているので、オオサカ堂は利用していません。

なんだかんだ言ってクリニックが一番いいと分かったからです。