薄毛と筋トレの関係(ヘアサイクルについて)

samu29

都市伝説的な噂は数々ありますが、薄毛についての噂も数多くあります。
そのような噂の中に、筋トレをすると薄毛になるという噂がありますがこれは本当のことなのでしょうか。
さまざまな研究結果を総合すると、この筋トレをすると薄毛になるという噂は本当です。
なぜ筋肉と薄毛が関係あるのかと思われる方も多いでしょうが、どちらも男性ホルモンが関係しているという点では同じです。
筋トレをすると男性ホルモンが増加することがわかっています。

そして、薄毛の中でも男性型脱毛症AGAの場合、この男性ホルモンの影響で薄毛になるわけです。
つまり、もともと男性型脱毛症の症状のある男性が筋肉トレーニングをすると、それによりさらに男性ホルモンが増加し薄毛が進行してしまうのでしょう。
かなり三段論法的なこじつけのように思われるかもしれませんが、実際に男性型脱毛症の方が筋トレをすると薄毛がかなり進行してしまうということは、経験値的に実感されていることのようです。

もちろん、もともと男性型脱毛症の症状のない方、遺伝的に男性型脱毛症になりにくい方は、筋トレをしても頭髪に影響が出ることはありません。
それは、ジムのインストラクターやボディビルダーでもすべてがハゲているわけではないことを見てもわかります。
では、もともと男性型脱毛症の方が、筋トレをしたい場合はどうすればいいのでしょうか。

それは、筋トレをする前に、男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアを服用すればいいのです。
そうすれば、筋トレによって男性ホルモンが増加したとしても、プロペシアの有効成分であるフィナステリドの働きによって、毛髪に影響が出ることはありません。
男性型脱毛症の場合、5αリダクターゼ酵素が、男性ホルモンのテストステロンを悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンに変えてしまいます。
このジヒドロテストステロンは、毛根に入り込みヘアサイクルのスピードを早めてしまうのです。

ヘアサイクルが早くなった毛髪は、まだ成長期であるにもかかわらず早々に抜けてしまいます。
しかも、次の毛髪はまだ育っていないのですから、これではどんどん薄毛が進行してしまいます。

プロペシアを服用することによって、この5αリダクターゼ酵素の働きを邪魔することができるのです。
つまり、どんなに男性ホルモンが多くなったとしても、薄毛になるのではないかと怖がる必要はありません。
男性として、カッコよくなりたいという気持ちは誰にでもあると思います。

人気の細マッチョになって女性にモテたいという気持ちもあるでしょうし、サラサラのヘアになって女性にモテたいという気持ちもあるでしょう。
どちらか一方を諦める必要はないのです。
もちろん、プロペシアは医薬品ですから、気軽な気持ちで服用できるようなものではありませんが、医師の指導の下服用するのであれば安心でしょう。
人生を楽しむためには毛髪も筋肉も大切でしょう。
正しいケアをして、両方とも手に入れてください。

私が発見した個人輸入代行店正しく利用する方法を教えます。

samu27

男性型脱毛症で髪が抜けやすい場所といえば、頭頂部と生え際でしょう。
頭頂部から薄毛が始まるのか、生え際の剃り込みがどんどん食い込んでハゲるのか、それともその両方が進行するかの違いはありますが、男性型脱毛症で髪が抜けやすいのは頭頂部と生え際です。
ところが、頭頂部がツルツルになっているのに、側頭部と後頭部は残っているということがあります。
また、他はツルツルなのに、1本だけ髪が抜け残っているということもあります。

どうしてこんなことが起こるのでしょう。
それは、アンドロゲンレセプターというものが関係しているそうです。
男性型脱毛症の場合、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化することによって薄毛が進行します。

毛根にあるアンドロゲンレセプターが、このジヒドロテストステロンと結合することによって薄毛が進行するのですが、もともと毛根にアンドロゲンレセプターがないとこの結合が起こりません。
そして、側頭部と後頭部の髪には、このアンドロゲンレセプターがないことが多いというではありませんか。
そうすると、他が抜けても抜け残っている毛にはアンドロゲンレセプターがないのではないかということが考えられません。
そう考えると、どこからハゲ始めるかによって、自分が男性型脱毛症かどうかがわかるのではないでしょうか。

頭頂部や生え際がどうも薄くなってきた剃り上がってきたと気がついたなら、早めにプロペシアを服用することをおすすめします。
もちろん、その場合は、クリニックなどで診察してもらい、男性型脱毛症AGAであるかどうかを診察してもらいましょう。

脱毛症にはいくつものタイプがありますが、プロペシアが効果を発揮するのは男性型脱毛症AGAです。
ですが、どこから薄毛が始まるかである程度判断が付くなら、自分で男性型脱毛症AGAなのではないかと覚悟することもできるでしょう。
現在、男性型脱毛症AGAに、もっとも効果がある育毛剤がプロペシアです。
ちなみに、オオサカ堂で検索すると分かるのですが、いろいろジェネリックが存在します。

男性型脱毛症AGAは、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の働きでジヒドロテストステロンになってしまうために起こります。
この還元酵素の働きを阻止すれば、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変化することはありません。
プロペシアは男性ホルモンのテストステロンに似ているため、還元こそが男性ホルモンのテストステロンと間違えて取り込んでしまうため、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化することを阻止することができるのです。

このような働きをするのは、現在のところフィナステリドという成分だけです。
このフィナステリドを配合している育毛剤がプロペシアになります。

プロペシアはオオサカ堂経由で個人輸入可能ですが、私はクリニック経由の処方箋での入手をおすすめします。

プロペシアはクリニック、そして、男性用サプリメントをオオサカ堂で入手するというのが私の経験に基づく最強のコンビネーションです。

自分の体の中に、テストステロンも還元酵素もあるわけですから、男性型脱毛症AGAになったなら、普通ならそれを止める手立てはありません。
ですが、フィナステリドを取り込むことによって、テストステロンと還元酵素が結合を邪魔することができるのです。
これほど効果のある育毛剤が他にないのはそのためです。

まとめ

  1. プロペシアはクリニックで処方してもらう
  2. シャンプーなどはオオサカ堂で個人輸入可能

私からの報告は以上です。

埼玉県の畑岡より管理人様へ

薄毛と皮脂の関係(Uさん・個人輸入代行店利用歴4年)

samu24

よく皮脂が多いと抜け毛が増えるという話を聞いたことがありませんか。
テレビ番組などでも、毛穴に皮脂が詰まっている映像を見せて、これが抜け毛の原因だみたいなことを言っています。
多くの方がそう信じていると思われることですが、それならその皮脂を洗い落とせば抜け毛を減らし薄毛を改善することができるのでしょうか。

実際、それを目的としたシャンプーも多く、シャンプーで洗ってなるべく清潔にすることが育毛に良いと信じている方も多いと思います。
確かに、脂漏性皮膚炎を起こしている方は、皮脂が多すぎて薄毛になってしまうことがあります。

ですが、普通の範囲内の皮脂の量なら、それほど薄毛に関係することはないというではありませんか。
だいたい、戦前の日本人は、今のように丁寧に髪を洗うことはありませんでした。
時代劇に出てくる武士はちょんまげを結っていますが、あれは鯨脂で固めてあるのです。

せっかく結っているわけですから毎日洗うことはなく、多くても1か月に1度程度洗っていたくらいのものです。
ところが、そのために薄毛が多かったかというとそんなことはありません。

それどころか、洗わないことで髪がふさふさだったのではないかという研究もあるほどです。
そういえば、最近の皮膚のトラブルは、洗いすぎることで起こることが多いことで知られています。
そのため、洗わないことで皮膚を若々しく保とうという方もいるほどです。
そう考えると、抜け毛を減らすためによく洗うという行為は、ある意味逆効果なのではないでしょうか。

知っていますか?ジヒドロテストステロンについて

普通の皮脂の量であれば、そんなに必死になって洗わなくても良いのです。
ただ、男性型脱毛症の場合、ジヒドロテストステロンが増加すると、皮脂が普通より多くなってしまうことはあるといいます。
つまり、薄毛になりやすい状態になっているために皮脂が多くなっているわけで、皮脂が多くなっているから薄毛になりやすいということではないわけです。
そこで、男性型脱毛症によく効くプロペシアを服用すると、ジヒドロテストステロンの量が減り皮脂の量も減っていきます。

卵が先か鶏が先かのような話になってきましたが、つまるところ男性型脱毛症であれば、髪をよく洗うだけで薄毛を改善することはできません。
改善するためには、プロペシアなどの育毛剤を服用するほうが近道です。
近道というよりも、唯一の方法といっていいでしょう。

皮脂が多いために薄毛になるのなら、戦前の人はみなハゲていなければなりません。
薄毛が気になり始めたのであれば、専門のクリニックなどに診察をしてもらい、何が原因なのかを突き止めてもらうことが先決です。
そして、男性型脱毛症であれば、AGAクリニックでプロペシアを処方をしてもらえばいいわけです。

以前とは違い、男性型脱毛症によく効くプロペシアが登場してくれたおかげで、薄毛の治療は以前よりずっとラクになりました。
根拠のない方法を試して時間を無駄にするよりも、クリニックで診断してもらい本当の改善方法を見つけましょう。

私はオオサカ堂を4年以上利用していますが、プロペシアは病院で、薬以外の育毛シャンプーやサプリはオオサカ堂で入手しています。

個人輸入代行店の育毛シャンプーとクリニックのプロペシアのタッグに救われました。

samu16

 

髪のボリュームがなくなってきたと感じた頃から、ちょっと奮発して高い育毛シャンプーを使っています。
テレビやWEBなどでも大々的に広告を出している育毛シャンプーなので、きっと多くの方がご存知だと思います。
高いだけあって気になっていたフケやかゆみはほとんどなくなりましたし、髪もサラサラになりました。
ただ、思ったように髪のボリュームが増えず、これは長期戦になりそうだとちょっとガッカリしたのは事実です。

それが、長期戦になるどころか、半年、1年と経ってもあまり変わり映えがしません。
ただ、薄毛が進行しているかといえば、それほど進行はしていないため、薄毛の進行を止める効果はあるといえばあるのでしょう。
ただ、私は薄毛の進行を止めるだけでなく、以前のようなボリュームを取り戻したかったため非常に悩みました。

このまま使い続けていればいつか髪が増えるのだろうか、それとも髪を増やすためには何か他の手段を考えたほうが良いのだろうか、良い考えが浮かばずそのまま育毛シャンプーを使い続けていたのです。
ある時、新聞を読んでいて男性型脱毛症AGAの広告が目に留まりました。

その広告によると、男性型脱毛症を改善するには、まず医師に診察してもらうことが肝心だと書かれていたのです。
その時、育毛シャンプーの育毛では何かが足りないのだと思い始めていた頃なので、これは医師に一度診察してもらおうとすんなりと考えることができました。
薄毛のことで医師に診察を受けるのは非常に気が引けましたが、結果的に診察を受けて良かったと思います。
検査の結果、男性型脱毛症だということがわかりましたし、良い処方薬を処方してもらうこともできました。

その処方してもらった処方薬がプロペシアだったのです。
医師のアドバイス通りに服薬を始め、4か月が経過した頃、なんだか髪がいつもよりふわっとしていることに気がつきました。

ハッキリ見えていた地肌が隠れはじめ、育毛の効果があらわれ始めたのです。
噂には聞いていましたが、プロペシアにこんなにも育毛効果があるとは思っていませんでした。

また、ネットでいろいろ検索するとオオサカ堂に掲載されれている育毛シャンプーが評価が高いという事もわかりました。
一度、医師に育毛シャンプーのことを聞いてみたのですが、育毛シャンプーには良い成分は配合されているけれど、シャンプーをしている5分程度では頭皮にあまり浸透しないそうです。
使って悪いものではないけれど、育毛シャンプーだけで育毛をするのは難しいということでした。
プロペシアは、内服をするとその成分の約2割頭部に送られるそうです。
そして、血管から直接栄養を受取っている毛乳頭に到着して、直接毛乳頭に吸収されるのだといいます。

そうすることで、頭に直接塗るよりも、さらに直接的に髪に良い影響を与えることができるのだそうです。
髪に塗ったほうが早いような気がしますが、分厚い皮膚に阻まれてほとんど浸透させることができないそうではありませんか。

結論!

オオサカ堂を利用して個人輸入した海外製の育毛シャンプーで現状維持できていたのはある意味すごいことなのがわかります。
ですが、本当に改善したいのであればやはりプロペシアなど医薬品に頼るべきでしょう。

プロペシアの副作用を理解してから使うようにしよう

samu12

プロペシアにも同じ事が言えますが、医薬品である以上は必ずと言っていいほど副作用というものが存在します。
それは効き目の強い医薬品であれば、更に副作用も強くなると言われているのです。
世界で最も薄毛治療に効果的であるAGA治療薬も、もちろん副作用があります。

ちなみにプロペシアは元々は前立腺肥大症のための治療薬であり、医薬品を飲めば男性機能を低下させる影響があると噂で言われていますが、実際のところはほとんどの確率で男性機能に影響を与えることがありません。
前立腺に影響する薬ということで男性機能が低下すると思われがちですが、実際のところは「薬を使う」という不安から男性機能が低下してしまうことがあるようです。
このように強い思い込みによって男性機能が低下することがあり、男性のメンタルにも影響してしまうともいわれていますが、もし医薬品を使って男性機能やメンタルに必ず影響を与えるのならプロペシアを服用した全ての方が影響されているはずです。
ただ医薬品を服用する際に一つ問題なのが肝機能障害であり、それは医薬品に含まれているフィナステリドという成分が体内の肝臓で代謝するので、元から肝機能に障害がある方が薬を服用すると肝機能に障害が出てしまうことが考えられます。

これらの肝機能障害はプロペシアだけでなく他の医薬品にも言えることですが、もし肝機能障害が以前からある方が医薬品を飲むのなら十分に注意するようにしてください。
さて、このように医薬品を飲むことによって想定される副作用をいくつか挙げてみましたが、医薬品を飲んで必ずといっていいほどあらわれるのが初期脱毛という症状です。
この初期脱毛とは医薬品を服用したあたりから大量の抜け毛が増える症状であり、この症状には個人差がありますが、長い人だと1ヶ月以上大量の脱毛が続くといわれています。
せっかく髪の毛を増やそうと思って医薬品を飲んでも、格段に抜ける髪が増えてしまえば驚いてしまいますよね。

ただ、これらはプロペシアを服用する方にほとんど見られる症状であり、初期脱毛が終われば徐々に髪の毛のボリュームがアップしていくので安心してください。
初期脱毛に焦って医薬品の服用を辞めるのは勿体無いことですし、もしクリニックに行っている方であれば先生に相談をするようにしましょう。
男性型脱毛症の治療薬は決して危ない薬ではなく、飲み続けていけば最高の飲む育毛剤であることが分かります。

個人輸入からAGA治療薬を入手するのならインターネットで薬について情報収集することが大事ですし、もし薬が合わないのならクリニックに行くようにしましょう。
このようにAGA治療薬を服用すると男性機能の低下や気分の落ち込みなどのメンタルへの影響、そして初期脱毛などの副作用について紹介してみましたが、「髪の毛が生える」ということを考えればこれらの副作用は仕方のないことかもしれません。
ただ、薬を飲んで大きな副作用がでたら服用を中止することも視野に入れておきましょう。